最近のトレンドはハイブリット

様々な自動車メーカーから車が販売をされていますが、近年トレンドになってきているのはハイブリット自動車です。自動車販売メーカー各社が力を入れている分野であり、減税などのメリットも大きいことからハイブリッド車を選択する人が増えています。
ハイブリッド車の1番のメリットは、ガソリンの消費量を少なくすることができるということです。通常のガソリン車は、すべての動力をガソリンでまかないますが、ハイブリッド車ではガソリンを利用して走る部分と減速をする時などに発電機を回して、充電をしたエネルギーで走る部分の2つに分かれています。
ガソリンを1番消費することになる車の加速をする時に電気を利用するのでその分だけガソリンの消費を抑えることができます。ガソリンの自動車に比べると1.5倍程度多く走ることができるので、それだけ燃料代を節約することができます。
ただしハイブリッド車を利用するときには、メリットとデメリットも考えなければいけません。まず1番のデメリットになるのが価格が高いと言うことです。ガソリン車に比べると同じグレードの車でも価格が高くなっており、この高くなった分をガソリン代で埋め合わすのには、50,000キロから70,000キロ程度走らなければ埋めることができません。他には、長距離走行の多い人は、ガソリンを消費する時間が長くなるので、街の中でなるほど燃費の良さを感じることがありません。メリットとデメリットを考えて車を購入するのが良いです。